収益物件で極楽浄土の生活を手に入れよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しい金脈を見つけられる

お金

選択肢はいろいろある

不動産投資というと、中古ワンルームマンションやオフィスビル等の収益物件を賃貸するというイメージが強いですが、その他にも不動産投資の選択肢は増えています。その1つが上場不動産投資信託です。上場不動産投資信託はマンションやオフィスビル、商業施設などの収益物件を保有して運営している投資商品です。平均分配金利回りは4%前後と株式の平均分配金利回りよりも高く、分配金の支払額も安定しているため、一定の支持を受けています。また、収益物件そのものの使い方にも選択肢が増えています。その1つが民泊です。外国人旅行者数の増加を受けて、民泊が急速に広がっています。これはホテルや旅館などの既存宿泊施設の数だけでは、とても受け入れきれないからです。

民泊にも注目

民泊に関する法整備はまだまだ始まったばかりですが、すでに民泊を始めている個人投資家も数多くいます。通常の賃貸よりも民泊をした方が高い収益を上げることができる可能性もあるため、今後も不動産投資の新しい形として期待できる分野です。少し見方を変えれば、自ら民泊に参入するのではなく、民泊に参入している企業に株式投資をするという方法もあります。収益物件を保有することにこだわっていないのであれば、賃貸経営をしている不動産会社に株式投資をしたり、オフィスビルを保有している企業に株式投資をするという形も広義の意味での不動産投資と言えます。固定概念に縛られず、いろいろな形を探ってみると、自身にあった金脈が見つけられます。

少額で出来る不動産投資

スーツの人

不動産投資を始めるにはお金も労力も必要ですが、面倒なことは全て任せられる投資商品もあります。それがみんなで大家さんです。大人数で出資するので、少額でも始めることができ、借り手を探したり維持管理などの面倒なことは全て運営会社に任せることができます。

Read

自己資金0から投資できる

太陽光発電

土地付き太陽光発電は、安定した売電ができるため、自己資金0円からの投資が可能です。また投資に必要な資金も無担保で借りる事が可能なのです。ただし土地を借りての投資は、定期借地権などに注意し、十分検討してから投資する事が賢明です。

Read

不動産管理の2つの方法

男の人

不動産を管理してもらう方法に管理委託とサブリースの二つがあり、それぞれ入居者との賃貸借契約を結ぶ相手が異なります。手間や金銭など、双方にはそれぞれメリットが違うため、投資者の都合に合わせて選ぶのが大切です。

Read